TOP

君の窮地を救えるのは、クレジットカードの現金化だけだ!

誰でも出来るクレジットカード現金化

誰にでも出来るのがクレジットカード現金化です。必要な条件はただ一つ、クレジットカードのショッピング枠が余っているか否かです。余っている人であれば誰もがクレジットカード現金化は可能です。「クレジットカード現金化」という言葉を聞くととても難しいものを連想する人も多いようですが、クレジットカードのショッピング枠で購入した商品を売却して現金にするだけですので、決して難しい行為ではありません。年齢制限、必要書類、資格。一切ありませんので、ショッピング枠さえ余っている人であれば誰もが利用出来ます。ブラックリストに掲載されている人や総量規制に引っ掛かっている人でもショッピング枠に余裕があればクレジットカードでの買い物は可能です。つまり、クレジットカード現金化も可能になりますので、誰でも出来るものなのです。ハードルが高いと感じているのは、馴染みがないのでどのようなものなのか分からないだけであって、実情を知れば簡単なものだと気付きます。
お札を広げる女性

初めてクレジットカード現金化をする人

初めてクレジットカード現金化を行う人はいろいろと緊張や不安もあるかもしれませんが、そもそもクレジットカード現金化は決して難しいものではなく、ショッピング枠にさえ余裕がある人であれば誰でも出来るものなのです。初めての場合、ネガティブな想像をしてしまいがちではありますが、クレジットカードで商品を購入して物を売る。ただそれだけですので、決して緊張するような行為ではありません。クレジットカードでのショッピング、そして商品を売却。双方共に日常生活の中で決して特別なものではなく、誰もが当たり前のように利用しているサービスなのではないでしょうか。それらを合わせる。そして「現金化をする」という気持ちそのものがどうしても不安な気持ちにさせてしまうのですが、クレジットカード現金化を紐解けば、双方共に日常生活の中でありふれたものになりますので、決して緊張するようなものではありませんし、そもそもとても簡単なものだと分かるはずです。
お札を手にする女性


クレジットカードは持っておくべき

現金派の人が多いのですが、クレジットカードは一枚くらいは持っておくべきです。なぜなら、クレジットカードがなければ利用出来ないサービスも登場していますし、クレジットカードを使用して引き落としをされる。これを繰り返すだけでもクレヒスが貯まります。クレヒスとはクレジットヒストリーの略で、利用者がクレジットカードをどのように使っているのかの実績です。一度も滞納や延滞がない人はクレヒスがかなり良いため、通常であれば落ちてしまうような審査であっても通過する可能性が高まるのです。信販会社としては、収入等も大切ではありますがクレヒスが良い人はいわば「絶対に滞納・延滞をしない人」になりますのである程度信用出来るのです。アメリカではクレヒスが無いと出来ないことが多々あると言われている程大切なもので、国内でも徐々にですがクレヒスの重要性が説かれ始めていますので、利便性ではなくクレヒスのためにもクレジットカードは持っておいた方が良いのです。
お札を持ってにやける女性

クレジットカード現金化で警戒すること

クレジットカードの現金化で警戒する点はさほどありませんが、強いて挙げるとすれば信販会社です。信販会社には消費者の購入履歴がすべてコンピューターで保管されています。そして、セキュリティの観点から常日頃の買い物の趣向と違うものを購入する際、承認が下りないケースがあります。例えば普段は日用品の買い物しかしていないクレジットカードで急に高額ブランド物の商品を購入すれば、信販会社のコンピューターもどうしても警戒してしまいます。場合によっては承認を出さないケースもありますので、現金化が出来なくなってしまいます。クレジットカード現金化は決して難しいものではありませんが、信販会社に怪しまれずに買い物を行わなければならない点だけは覚えておかなければならないでしょう。信販会社は規約で現金化を禁止している所が増えていますので、法律面では問題ない行為であっても、信販会社的にはNGになりますので、注意しなければならない部分です。
海外の紙幣